刑事と民事の間で起こるストーキング

ストーカーが世間を騒がせる事件を起こすことが認識される以前より「探偵業界はストーカーと長い間対峙」してきたと言えます。皆さんがマスコミから発信されて知るストーカー事件は氷山の一角であり、刑事事件に発展する以前の「恋愛関係の縺れからストーキング行為がエスカレート」することは古くから数えきれない程に世間では存在してきているのです。このような民事の範囲の案件に警察は介入しません。従って探偵やボディーガード業者などがご依頼者の安全を確保し、ストーキング行為の証拠取得を実施してきたのです。

警察がストーカー行為に対して人員を導入するには「既に何かが起こってから」と言えます。

これは刑事事件として表面化するストーカー事件であり、上記のように「ストーカーの被害にあってから」ということがご理解いただけることでしょう。事前に警察に危険性を訴えても「被害者にとって十分な動きが取れない体制にある」ことが原因しているのです。

過去に数多くのストーカー対策を実施してきた経験から申し上げることがあるならば「ストーキング行為をしてしまう人物は、自身の行為をストーキングと認識していない」ことがあげられます。まるで被害者の自宅を見守る家族との感覚に近い意識をもっていると言えるのです。この事実は統計にも表れている結果であり、「ストーカー事件の加害者の大多数は被害者と面識のある人物」となっているのです。

元交際相手や元夫婦であったりと「ストーカー行為の現場を確認」して初めて発覚する事実なのです。

ストーカーの正体を確認する

「エスカレートする行為が最も特徴的なストーカー」に対して「何かが起こって対処をしても遅いケース」が存在することは紛れもない事実と言えます。身の危険をお感じになるレベルまでストーキングがエスカレートしてしまってから初動では「ストーカーの正体や証拠」を知る前に危険な場面に遭遇してしまうバッドタイミングと言えるのです。もし、ストーカー行為の初期段階である「無言電話や数多くのメッセージを受信」等の行為が身の回りでおこっているならば「ストーカーの行為がエスカレートする可能性が極めて高い状況」と言えます。このような状況下で対策を講じないということはストーカーに「もっと何かをしても大丈夫」との考えを持たせることにもなりかねないのです。

ストーカーが面識のある人物の可能性が高いという事実から判断しても「お互いに最悪の状況を迎える前にストーカー対策やストーカー調査」を実施し、ストーカーを制止することは極めて重要と考え、探偵は数多くのご相談者やご依頼者に対してご提案しております。安易に「誰かの悪戯とお考えになる前にストーカーの可能性を模索」することは現代社会の風潮から判断してもオーバーではないと考えられるのです。

ご自身で講じるストーカー対策

探偵というプロの目線から「ストーカーでは?」という悩みをお持ちの方々にストーカー対策の手順を少しお話ししたいと思います。

まず、前提としてお一人住まいの女性がお悩みならば「部屋の鍵を交換」することを第一におすすめします。

様々な可能性に対して対策を講じなければならない性質上「必ず必要と探偵はご提案」します。以前の交際相手や以前部屋に居住していた人物、加えて部屋のカギに関わる多くの人物の可能性を判断するのです。

部屋の鍵が交換されストーキング行為に変化が無いケースでは次の対処が必要となります。

第二に「動体感知式の防犯カメラの設置」をおすすめします。このカメラを設置するメリットは「不審な人物があなたの周囲に存在しないか?確認」するために必要と判断し設置し、運が良いケースではストーカーの特定につながるケースもあるのです。これらの対策に加えて細かな対策としては「夜間に部屋の灯りが漏れない遮光カーテンに交換」することや、使用している車両や自転車にGPSロガー等が装着されていないか?

確認する作業が必要となるのです。

これらの基本的な対策でストーカーの行為が制止されない場合には「探偵にご相談」することや、今までの経緯と共に警察に相談することが望ましいと言えるのです。