プロの探偵の条件

探偵に憧れを持つことはおすすめできないと個人的には考えています。優秀な探偵やフィクションの世界に存在する敏腕探偵たちのような生き方は現実の探偵とは「まったく違う」からに他ならない。稀に裕福な家庭に育った人物が「半ば趣味で探偵事務所を開いている」ことがあるが「リアルな探偵と呼べるような調査案件を取り扱う事は皆無」であり「自称探偵」の領域でしか存在できていないのです。

このような調査経験が少なく「探偵である自身が気に入っている」探偵に調査を依頼してしまうと後に大きな後悔を迎えることとなります。

世間には自身がプロの探偵であると自負している人物が数多く存在しますが「本当のプロの領域で業務」が実施出来ている探偵はどのような人物なのか「プロの探偵の条件」としてご説明したいと思います。

常識的にはあまり良いことではありませんが「依頼人のために調査結果にこだわるプロの探偵はプライベートが殆ど無い」方が多いと感じます。世間的には探偵の報酬が高額との悪いイメージが先行しがちですが本当にそうでしょうか?

私が知る限りプロの探偵が調査案件に割くトータル時間を考えると「報酬にみあった働き」と思えるのです。それ程までに自身のプライベートを犠牲にしても「調査結果にこだわる人物がプロの探偵」と言えるのです。継続中の調査案件があるにも関わらず「自身のプライベートを優先させる探偵」がどれ程の調査を実施しどれ程の情報を得るのか?考えれば答えは簡単に出てくるお話と言えるのです。

プロとは言えな領域で「報酬に見合わない調査」で一方的な調査結果を提示する探偵がプロなのか?正直なところ自称でも探偵は名乗らないことをお勧めしたいのです。探偵は一度依頼が入れば「自身の時間を削ってでも依頼人の求める結果に向かって調査を実施」する職業との認識がプロフェッショナルの認識であり、この認識が薄い人物は「プロの探偵の条件」を満たしていないと言えるのです。どのような職業でも「プロ意識が高い」人物は共通した考え方をもっていることに気が付くことが出来ます。高いハードルを掲げて日々精進している人物は疲弊し「その中で正しい姿勢や方向性を確信」するものでしょう。自身がプロになれないと判断し結論を出し探偵を辞めて去って行く人物たちの理由も同様と言えるのです。中途半端な姿勢で業務経験を積んでも「多くは無意味と最終的に自覚」してしまうものなのです。

プロの探偵に依頼したい

ご自身が悩みを抱え探偵を必要と考えた場合には「腕の良いプロの探偵」に仕事を依頼したいと考えるでしょう。決して安価とは言えない探偵の調査を利用する機会は度々訪れることが無いため「探偵の選び方」を確立されている方は少ないと言えます。

ですからズバリ!優秀な探偵に相談し的確なアドバイスを受けられれば信用し調査を依頼することがスムーズにできることでしょう。

電話やメールでの相談時点で「調査の方向性が一致しない探偵」に依頼することは無いと判断できます。想定できる問題が認識できない探偵との話は時間の無駄と言えるのです。

このように相談者の思惑を理解した上で「幾つかの方向性を提案できない」探偵はプロとして不十分でしょう。

加えて「的確な調査手法」を提示できない探偵は経験値が足りないと判断できるのです。

充分な経験と多くの解決手法を持ち合わせる探偵であれば「プロの探偵と判断できスムーズな調査」が期待できることでしょう。