時代と共に変化し必要となる与信情報

信頼度合を図る手段にどのようなものが存在するか?長年、仕事上信頼関係がある取引先であるから「信頼度は高い評価」と判断するとします。仮に表面上は公表していない「設備投資」を実施していた過去があり、取引先が認知していない負債が現実に存在している。毎月毎月が自転車操業で運営されている内情が存在し、状況を改善する業務も期待できない。総体的に判断するならば「要注意な取引際」と判断できることでしょう。

信頼度合を過去の実績だけで判断されたならば上記の評価は得られないと言えますし、「まとまった金額を貸して欲しい」や「借金の保証人になってほしい」との頼みをされた場合に「貴方は何を基準に信頼度合を判断?」されるか迷うことになることでしょう。義理と人情で運命共同体となり保証人となる判断も一つの選択と言えますが「本当にその判断で後悔しないか?」は相手の本当の姿を知った上で判断されることが望ましいと探偵は考えるのです。与信判断は簡単ではありませんし「個人レベルで得られる財務情報」などは情報が大雑把であり満足な情報が得られないと言えるでしょう。表面上と裏の真実の状況を与信に繋がる調査を実施して把握し「正確な判断材料」を基に答えを導き出す。冷たい言い方になって申し訳ないのですが「この判断が甘い人物の多くは大きな変動を迎える」ことが将来的に考えられるのです。

探偵が実施する与信情報に関する調査の多くは「調査対象である法人や個人が持つ負の要素」を調べ上げる与信調査と言えます。会社の所有する資産を調査し「抵当権が設定」されていないか?過去数期に渡り決算を調べ上げ、下向きな業務が展開されていないか?判断材料となる情報を得てご依頼者が判断に間違わない情報をご報告するのです。このような情報は将来的な見通しに通じる与信調査であるためエムアンドエーや買収に必要な調査ともなっています。通常の与信情報は数字から判断される情報がベースとなっていることが一般的ですが探偵が実施する与信情報は「風評から得た情報の信憑性を確認し有力な情報の有無を調査」することに注力する調査も実施されます。探偵や興信所・調査会社が実施する与信調査は経営者陣の健康状態や持病、調査対象のご近所のみが知るパーソナルな情報まで調査対象情報となるのです。

企業買収やエムアンドエーに必要な情報

総合的な与信判断には時間と経費が必要とされます。TDBやTSRの与信情報を低料金で取得することも悪い判断ではありませんが「報告内容の充実」という面で物足りなさをお感じになる業種の方も多く存在することでしょう。

逆に数百円から数千円で得られる与信情報に大きな価値があるか?は取得するご自身が判断すべきポイントと言え、ご自身が携わる業務内容で大きく判断は異なると言えるのではないのでしょうか?

当社が与信・信用調査でお付き合いしてきた企業は外資・国内大手・発展途中のベンチャー企業・IT関連企業と様々なご依頼主様が存在しております。

皆さん当社に求めてくる調査はTDBやTSRの情報の範囲で満足できない業務に従事する方々からのオーダーに応えた与信情報に関する調査となっております。当然、大手信用調査会社情報を超える細部にこだわったオーダーメイドな与信情報に関する情報調査ですので、当社専門の調査員により現地調査を実施させていただきます。

調査員が現地で実施する調査は、最新の企業情報であり経営者情報となり、現地で耳にする生きた情報をご依頼者にご報告する調査となっております。経費削減を理由に、社内で新規調査実績が予算として認められず、中途半端な業務に危機感を感じている方も少なからずいらっしゃることでしょう。そして、ライバル企業と同様の情報収集手法でライバル企業を超えた利益を生み出すことが可能か?答えは簡単にご自身の中で完結していることと考えます。当社が提供する価値のある情報の多くは「大きな利益の足掛かり」となり存在してきました。

当然ですが「情報に価値」をお感じになられない企業や業種には必要性が低いと考えられます。

ライバル企業以上の情報を有し「幅広い視野と多角的なアプローチが可能となる」ビジネスに必要な情報は当社のオーダーメイドな与信調査から発信されているのです。